真の自由を目指す芸術研究の分野において、リフレクションとは、希望的観測や願望の総和ではありません。それは、自分自身についての客観性の追求を越えて、自分自身の状態や機能を理解しようとする熱望である。それは、自分という存在の想定され感じられる現実と、個人的な詩、言い換えれば、社会の一貫性と期待に従うことによって規定される論理の外にある、自分の思考の本質的な生物学的システムの間に橋をかけ、密接な相互作用を確立することを目指しています。

それからは、「したい」「しなければならない」ではなく、「向かっている」と言うようになります。つまり、自分の進むべき道を創り出し、あるいは創り直しながら、自分自身を方向づけるということなのです。このような同時進行的で、時には相反する作業の量の移動が、連想、融合、衝突、崩壊を生み、次第に風景を描き、次にレリーフを描き、最後に自分の思考を、自分の思考の中で「生きる」のに適した環境を描くことにつながるのです。したがって、アーティストは、病的な習慣としての「なぜ」「どのように」を体系的に取り除き、理由や手段を気にすることなく「どこへ」を特権化する必要があります。そうすることで、もうひとつの創造性が生まれる。それは、自分の真実の道具から創造する準備ができたと心から信じて服従した、予測システムから切り離された創造性である。しかしそれは、道具は、その道具が意図し、作られた素材がなければ、何の役にも立たないということを忘れていたのです。   

Photo © David Noir 

ダヴィッド・ノワール|Déni s'opère|AltéréGo!

否定

「ティム・バートンがエド・ウッドより優れていると思っている。ナタリー・ウッドを殺したのはワグナーだと思っているのか...」|Déni s'opère|AltéréGo!

続きを読む "
写真:David Noir

次のページへ

芸術研究の分野では、「したい」「しなければならない」ではなく、「向かっていく」ことが重要です。正しい方向へ進むことです。

続きを読む "